シジフォス

アクセスカウンタ

zoom RSS 誰でも参加できるメーデーが正しい

<<   作成日時 : 2018/05/11 05:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

70年近く生きてきて、こんな苛立つ日々が続くことに怒りが抑えきれない。もちろんこんな嘘と隠ぺい・改ざん・暴言・ハラスメントが堂々と闊歩し、格差が歴然とし、権利主張が困難な働き方になってしまった状況をつくってきた自分への怒りでもある。しかし地域の高齢者とそんな話をしても、ほとんどの方は自らの軌跡について反省はせず、他者への批判ばかり口にする。変革は容易ではない。あの独だってナチスの戦争責任を本格的に自らを断罪し素直に償い始めたのは東西統合からだという(集英社新書『ナチスの「手口」と緊急事態条項』より)。こんな日はあえて綴らず、学習に徹し、「仕事」を黙々とやるしかない。

濱口桂一郎さんが早速<国民民主党と立憲民主党の働き方改革法案対案>をブログにアップし、適切なコメントをつけてくれ、感謝。かつてであればこの指摘を受けて議論し合える仲間が多く居たが、みんなそれどころではないようだ。そういえば、政府案作成にかかわった(?)労政審などの労働法学者の方に話を聞こうとしても取材させてもらえないらしい。もちろん労働側がこの状況では…と思うが(苦笑)。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2018/05/post-2148.html

足の調子が天候不順のため用心し、次の大衆行動は5/13の非正規メーデー参加だけにしたい。エキタスや青年ユニオンが頑張って拡散しているが、もっともっと関係労組は開催をアピールしてほしい。

〜WORKING CLASS CONVENTION〜5/13非正規メーデー in 新宿
 8時間労働制の確立を求め、労働者が命がけで立ち上がった起源をもつ「メーデー」。「働き方改革」が話題の昨今、かつてない多くの参加で「労働者の祭典」を盛り上げ、法制度も職場の運用の在り方も、変革していきたいところです。
 ところが、主要労働団体のメーデーには、多くの「普通の」労働者は参加できない、しないのが現状です。「GWは正社員が休むから、非正規はメーデーに行けない」との声もあります。政府の「働き方改革」についても、ようやく問題点が知られるようになりつつありますが、まだ、「改善」だと受けとめて安心している人も少なくありません。
 「非正規メーデーin新宿」は、こうした状況に一石を投じるべく、様々な労働組合・団体が呼びかけあって実施するものです。連休明けの5月13日(日)の午後、ふらりと新宿に立ち寄った人でも自由に参加できる、少し小ぶりの第2の「労働者の祭典」です。
プログラム:2018年5月13日(日)
13:00 パレード参加者集合(新宿中央公園)
13:30 パレード(新宿界隈)
15:00 トーク
15:40 ブロックパーティ(新宿駅・東南口)
  <第1部> みんなでトーク!
  <第2部> ライヴ・コンサート
18:00 終了
https://www.labornetjp.org/news/2018/0513mayday
https://twitter.com/hashtag/0513WCC_MAYDAY?src=hash

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
だれでもには、いつも女性が抜けてる気がします。
ACW2
2018/05/11 18:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
誰でも参加できるメーデーが正しい シジフォス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる