カルメンマキさんのブログが気に入って

ブータン国王にいわれなくても、基本的にアナログ人間であり、電子機器は好きではないが、このようなブログに出逢うと、不思議に嬉しくなる。柳美里さんのツイッターに「カルメンマキ」の名前を見付け、嬉しくなってしまい、紹介する。 1969年に「時には母のない子のように」で歌手デビューし、ヒット曲はこれだけだと思うから若い人は誰も知らないかもしれない。とにかく時代を反映したアーティストだった。多くの皆さんが、このように発言する時代となった。それでは、まずツイッターから紹介し、続けて本文も掲載してみる。

>w_t_bomb 言葉の破壊力を恐れつつ
yu_miri_0622がリツイート
カルメン・マキさんよく言って下さいました♡ http://blogs.dion.ne.jp/carmenmaki/archives/cat_239597-1.html 電気代3ヶ月払わず。「今私にできる抵抗のひとつ」「東京電力は犯罪者であり、検察が入り起訴され裁判にかけられて当然」「会社で作り売ったものが不良品であったら謝罪し、商品を回収するのが当然」

>電気料金
 3月のあの原発事故以来、7月までは例年の半分近く下がったのに8月からグンと上がっていきなり例年並みになった。それゃあ確かにクーラーも使ったから上がるのも仕方ないけど それにしても納得がいかない大幅な上がり方だ。
 元々わたしは普段から、洗濯機もレンジもパソコンも使っていない時にはソケットを抜いていて、リビングの照明はなるべく間接照明にして蛍光灯は点けないようにしている。今年は猛暑だったけれど節電を心がけて クーラーも設定温度を上げ就寝時は消していた。
 今まで請求書が来ても細かいところまでチェックしなかったのに あまりに料金の差があったので初めてチェックしてみた。基本料金の他、以下 電力量:1段階、2段階、3段階、って、なに?おまけに太陽光促進付加金って?こんなの前からあったっけ?しかも月によって違うぞ。ただ私が知らなかっただけ?
 3ヶ月払わなかったら この1週間ほどで2人、集金人が家までやって来た。 
 1人目は気の弱そうなおじさん。 すかさず「はい、料金未払いの件ですね」とこちらから切り出して 「ちょっとわからないことがあるんですけど・・・・この1段階2段階~太陽促進~伝々・・・」「今回の事故のこともありますしねぇ・・・伝々」嫌味たらたら述べていると「では、納得がいってからでいいです」と帰って行った。この人に何の罪もないのに・・・御苦労様でした。
 2人目は4階までの階段を上がって来るのに随分時間がかかって それはこれから始まる自分の仕事の憂鬱さを物語るように 息切れと共に溜息さえ聞こえてきそうであった。 玄関で待ち構えていた私は「御苦労さま」と言って
前回と同じ対応で向かう。今度は胸に「TEPCO」のイニシャルの入った作業着姿の 前の人よりちょっと手強そうなおじさんだ。「それでは今会社に電話しますから直接わからないことを訊いてください。」と言って 携帯電話を取り出し、しばしやり取りすると私に差し出した。電話のむこうに若い女性の声。料金詳細の説明を訊くも、玄関先での、集金人を前にしてでは 埒が明きそうもないのはわかっていたので「すみませんが、今時間がないので改めてこちらから電話して伺いますから」と言うと 集金人はあきらめてすごすごと帰って行った。。。。
 日本の電気代が諸外国に比べて高いことも、それを生み出している原発のコストが高いことも、最近わかってきた。自然エネルギー開発の方向で太陽光もそれに含まれるのなら 1部電気料金の中に促進付加金として含まれるのならそれはそれで理解できる。けれど、それをきちんと国民に説明したのだろうか。少なくとも私は知らなかったし(私だけ?^^;)非常に曖昧なうちに勝手に物事が進んでしまっているような気がする。
 さらに今回の原発事故で電気料金値上げの懸念まである。今は国民の反発を買うのを怖れて先延ばしになっているだけで いつ又、ほとぼりが冷めた頃再浮上するかわからない。とんでもない話である。被害者である国民がなぜ加害者である東京電力に加担しなければならないのか。
 東京電力は一企業であり会社である。ふつう、会社で作り売ったものが不良品であったら謝罪し、その商品を回収するのが当然だし 被害をもたらすに至っては会社が潰れることだって多々ある。例えば最近では、あの生ユッケ事件で営業停止、元会社まで潰れた1件と 出来そこない原発を爆発させた東電と、及ぼした被害はどちらが大きいかは誰でもがわかることだ。
 常識で考えれば東京電力は犯罪者であり、検察が入り起訴され裁判にかけられて当然である。それが未だに、
表面的に社長の首をとっかえひっかえ変えるだけ、女性とのスキャンダルが元で(しかもあの一大災難時に)公に顔を出すことができなくなった西山に変わり、のうのうとテレビに出て機械的に喋るだけの広報部東電社員、その東電の冷徹さ、傲慢さには呆れるばかりだ。
 さらに犯罪者ということで付け加えるなら 原発の監視をしなければいけない立場でありながら東電とつるんで事故を見逃した 名ばかりの原子力安全・保安院の罪も重い。
 事故当時、「水素爆発はない」と断言しておきながら 後になって言い訳ばかりしていたあの、デタラメ(斑目前委員長)が未だにクビにもならず 相変わらず全くの反省の色もない顔を見ると怒りを超えて不気味でさえある。
 とは言っても、いずれは電気代は払うことになるだろう。日本という国がこういう国であるいじょう。でも私は文句を言い続ける。すぐには変わらないことはわかっている。でも言わないよりは言ったほうがいい。みんながそうなればいつか変わるかもしれないと願って。微力ながら今私にできる抵抗のひとつである。


電気料金の摩訶不思議さについては、月曜日の東京新聞朝刊が一面を使って特集していた。とにかく声をあげ続ける必要がある。隠されていたものを明らかにしなければ、さらに大きな被害が生まれる。昨日の「タンポポ舎」の№1257通信も紹介しておく。

>きちんとした安全教育はなく、「被曝」という意識すらなかった  「原発反対」-これ以上被曝者を出さないために
(梅田隆亮、元原発労働者)
 私は1979年に島根原発と敦賀原発で働きました。炉心のすぐ近くで働き、被曝しました。
 きちんとした安全教育はなく、「被曝」という意識すらありませんでした。線量計は配布されましたが、ビービー音が鳴って仕事にならず、放射線の低い所にいる人にあずけて作業しました。現場監督は見て見ぬふりでした。島根原
発では普通の作業着で、マスクもつけずに作業しました。
 放射能の怖さは、時間がたってから現われます。私は鼻血と全身倦怠に悩まされました。「ぶらぶら病」と呼ばれ、働くのが困難になります。診断が難しいため、周囲の人から理解されず「怠け者」扱いされます。私は2000年に心筋梗塞を発症し、働けなくなりました。私のように労災申請する作業員は少なく、病気になっても泣き寝入りがほとんどです。
 かつては原発に対して「賛成」でも「反対」でもありませんでした。原発で働いて給料をもらったというためらいがあり、言いづらかったのです。しかし、これ以上被曝者を出さないために、「原発反対」という考えに変わりました。福島原発事故が起き、多くの作業員が被曝しています。その多くは下請け労働者です。心筋梗塞で亡くなった方もおられると伺っています。原発はすべて廃炉にすべきだと思います。
 3つのことを提案します。
1 原発作業員の健康相談窓口をつくってほしい。これまで原発で働いて被曝した人は40万人以上と言われています。しかし、労災を申請した人はほんのわずかです。ですから、作業員の「いのちの電話」のような制度があったら良いと思います。
2 安全教育や放射線管理が適切になされているか、できるかぎり第三者に見えるようにする。私の場合もそうですが、きちんとした安全教育をしていないのに、元請会社は適切におこなったと主張し、水掛け論になるのを防がねばなりません。
3 原発労災の対象疾患に、心筋梗塞を入れてほしい。原爆症では心筋梗塞が認定対象となっていますが、原発労災では対象になっていません。原爆も原発も本質的には同じなので、病気についても同じように認めるべきだと 思います。また、内部被曝の影響を正しく評価することが大事だと思います。
 最後に、私の労災申請について申し上げます。11月2日に再審査請求「棄却」の裁決書が送られてきました。私は敦賀原発の現地調査を再三求めていたのですが、敦賀原発の現地調査を何もおこなわないまま、裁決が出されました。このことに強く抗議します。
 32年前に私が働いた敦賀原発1号機は、今回事故を起こした福島原発と同じタイプの原子炉です。当時から問題のある原子炉で、ボロボロの配管があちこちにありました。津波がなくても地震があれば、福島のような事故が起きてもおかしくありません。「なぜ敦賀原発の現地調査をしなかったのか」、きちんと説明してほしいです。

やるべきことはたくさんあるが、以前にも予告した通り、都労委労働者委員でこの11月末退任する自分を含めた5名を中心に、沖縄に行く。したがって、次回更新は土曜日の予定。最後に大好きなKDDIエボルバユニオンの丸井さんのツイッターを紹介して…。こういうのも実は好きなのです。

marui_miho 丸井美穂
夕方、うんと上空までもくもく立ち上っている雲を見て、私もびっくりしました。
12時間前 »
abfly 安倍吉俊 yoshitoshi ABe
marui_mihoがリツイート
すげーな 11/20東京を襲った世界の終焉を思わせる凄い雲の写真 http://togetter.com/li/216779

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック