シジフォス

アクセスカウンタ

zoom RSS ユニクロは世界に冠たる労働者弾圧企業

<<   作成日時 : 2018/10/11 10:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

日本というどうしようもない国の現状について、先日までみんなが頭を抱えていたのに沖縄県知事選挙の勝利から潮目が変わったように思えるのは自分だけだろうか。SNSを見ていても怒りがあふれている。安倍政治が酷すぎるからだが、例えばファミマの「従業員に家電製品6割引き 福利厚生充実で雇用確保」なる呆れたニュースに「まず賃上げしろ!」と罵声が飛び交っている。最低賃金に張り付く低賃金で家電購入などできるわけがない、パソナ、日立、ユニクロ、アマゾン、ZOZOTOWN、加計学園,エトセトラ…経営者の劣化も酷いが、メディアがきちんと報じないことにみんなが憤激しはじめた。当然と言えば当然なのだが、そこに既成労働組合の姿が見えにくいことには悩んでいる。東洋経済オンラインに下記に添付した記事が載っていて、来年の参議院選挙における野党共闘次第で安倍政権は退陣すると書かれている。そこで最大の不安が連合ということになる。

>安倍「史上最長政権」を待ち受ける落とし穴(東洋経済オンライン 2018/10/10)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181010-00242148-toyo-bus_all

連合の話題については気が重くなるのでスルーするが、沖縄県知事選挙の出口調査でも10〜20代では負けていたことが気に掛かる。様々な不条理に怒りや疑問を感じているはずだが、時代や体制に流されているのか、諦めているのか、投票率も低い。運動を創っていく楽しさをどう伝えれば良いのだろうか…とにかく現役世代に新たな流れを創造し拡げていって欲しい…と自分の責任を棚に上げて呟いてしまう。

今朝はインドネシアからきたユニクロ解雇労働者について読んでおく。ウェイトリフティングについては他にも山のようなストックがあるが今はこれがもっとも重要だ。連合だってきちんと支援して欲しい。

「柳井正、あなたの富のために働いた労働者に支払いを」〜ユニクロ解雇労働者が訴え(レイバーネット 2018.10.10)
http://www.labornetjp.org/news/2018/1009shasin
 「子どもの学費が払えない。生活が苦しい。柳井社長、あなたに会いにはるばるインドネシアから来た!」。ユニクロ委託工場で23年働いて突然倒産解雇で放り出されたワーミさん(46歳/写真)は、10月9日午後、東京・ユニクロ本部前で涙を流しながら必死の訴えをした。「あなたたちは富を得たかもしれないが、その背景には私たちの血のにじむような酷い労働環境があったんです!」。手にもっているバナーには「柳井正、あなたの富のために働いた労働者に支払いをしてください。」と書かれてあった。この日、代表が会社幹部との面会を求めたが拒否された。
 ユニクロがインドネシアに進出し、ジャバ・ガーミンド社の縫製工場に生産委託したのは2012年だった。その時ユニクロは、「労働組合禁止・人員増員・設備投資」などの厳しい条件を付けてきた。9割が女性という縫製工場だったが、それまでインドネシアの労働法で適用されていた産休・生理休暇を認めなかった。また一人一日400着など生産目標を持たせて過酷な労働を強いた。定時は7時から16時までだったが、目標に達成しなければ、達成するまで働かされ一日の労働時間が14〜17時間に及んだという。もちろん残業代は出ない。
 こうした中、ついに労働者は2013年10月に労働組合を結成したが、組合幹部の大量解雇がつづいた。ユニクロは2014年に入ると発注量を減らし、10月には注文をストップしたため、2015年4月ジャバ・ガーミンド社は倒産に追い込まれてしまった。この時、全従業員は4000人いたが、全員解雇された。労働者の未払い賃金と補償金の一部は管財人より支払われたが、大部分にあたる550万USドル(約6億円)が未払いのままだ。失業した女性労働者の多くは40歳をすぎていることもあり、再就職先が見つからず、住むところを失い、子どもの学費を払えず借金を重ねている現状がある。夫が病死したシングルマザーのワーミさんもまさにその一人だ。
 ユニクロは「取引停止後の倒産なので責任はない」と主張している。しかし、厚労省の記者会見で、サプライチェーン問題に取り組んでいる香港のNGOメンバーは「実質上ジャバ・ガーミンド社をコントロールしていて、倒産前から工場の経営を過剰に圧迫した挙句、突然取引を停止して倒産に追い込んだ。これはサプライチェーンの国際基準からしても大問題であり責任はある」と強調した。
 また、移住連事務局長の鳥井一平さんは「商品をつくるときには厳しい品質管理を求めて労働者が協力してきたのに、撤退のときはさっさと撤退して労働者の生活を顧みない。こんなことでいいのか」とユニクロの入っている「六本木ミッドタウン」前で通行人に訴えた。
 問題発生からすでに3年が経過しているが、国際NGO「クリーン・クローズ・キャンペーン」が全面的にジャバ・ガーミンドの労働者を支援している。今回はジャバ・ガーミンド労働者2名をはじめ「クリーン・クローズ・キャンペーン」のメンバーも多数来日して、今週末まで、東京を中心にユニクロ要請行動やイベントを展開する。13日(土)には11時からビックロ・ユニクロ新宿東口店前でアピール行動があり、午後2時からは明治大学駿河台キャンパスで公開講座「サプライチェーンの労働問題を考える」が開催される。

「柳井さん、話聞いて!」倒産したユニクロ海外下請会社のスタッフ、退職金求める(弁護士ドットコム 2018.10.10)
https://www.bengo4.com/c_5/n_8668/
 衣料品大手ユニクロから商品生産を委託されていたインドネシアの下請会社(サプライチェーン)が倒産して、約4000人の従業員に退職金が支払われないまま解雇された問題で、インドネシア人の元従業員2人と支援団体が10月9日、東京・霞が関の厚労省記者クラブで会見を開いた。下請会社が倒産した責任の一端はユニクロにあるとして、退職金の支払いに関する話し合いに応じるようもとめた。
●「労働環境が悪化していった」
 オランダに本部があるNGOクリーン・クローズ・キャンペーンなどによると、倒産したのは、インドネシアのジャバ・ガーミンド社。同社は、さまざまなアパレルメーカーから委託を受けていたが、2012年10月にユニクロと取り引きをはじめると、その商品生産が全体の45%を占めるまでになったという。ところが2014年10月、取り引きを打ち切られて、2015年4月、倒産した。
 この日の会見に出席した元従業員で、労働組合委員長のテディさん(36歳)によると、ジャバ社は、ユニクロとの取り引きのもと、非常に高い水準の製品クオリティがもとめられたほか、組合をつくることも禁止されていたという。そうした状況で、労働者の最低賃金が守られなくなり、しかも残業時間が長くなるなど、労働環境が悪化していったそうだ。
 ワーニさん(46)は、ジャバ社設立から倒産まで縫製部門で働いていた。ワーニさんは「ユニクロと取り引きがはじまるまでは、生産量に無理もなく、残業もなかった」と話す。2012年10月以降、労働環境が悪化していった。それまで乳児のいる女性従業員は業務時間中、授乳が認められていたが、それすらできなくなってしまったという。
ワーニさん本人も、満足に家に帰れず、病気の夫の看病に行かせてもらえなかったそうだ。賃金未払いを経て倒産したあと、夫が亡くなり、職も失い、子ども2人も養えなくなった。家族は離れ離れになったという。かつて収入は月約2万5000円だったが、現在は1日約500円の日雇いで働きながら、屋台でソーセージ(1日50円〜300円の売上)を売っているそうだ。
●「サプライチェーンの労働者の権利・人権を守って」
 ユニクロの親会社ファーストリテイリングによると、ジャバ社とは、継続的な品質問題と納期遅延が発生して、その問題が解決しなかったため、取り引きを終了したという。委託料の支払いはすべて完了しており、倒産に関して法的責任や、元従業員へ金銭補償もおこなう理由はないが、人道的見地から救済措置を提案しているとしている。
 この日の会見後、ジャバ社の元従業員2人と支援団体は、厚労省記者クラブから、東京・赤坂のユニクロ本社が入るビル前に移動して、ファーストリテイリングの柳井正会長の名前を出しながら、退職金の支払いに関する話し合いに応じるようもとめる街宣活動をおこなった。
 クリーン・クローズ・キャンペーンの東アジアコーディネーターのソ・ション氏は、ユニクロがサプライチェーンに関する国際水準の責任をとっていなかったとして、ジャバ社倒産の責任の一端があると指摘。「ユニクロが本当に衣料品において、グローバルトップに立ちたいなら、国際水準の責任を負ったり、サプライチェーンの労働者の権利・人権を守らないといけない」と話した。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
本記事は一方的に「解雇された」と称する海外企業元従業員の話しか載せない
カスゴミだの何だのの自称記事で構成されていますね。

閲覧者が誰も現場を見ていないからって、
言いたい放題しようとしても駄目です。

あなた方左派ないし労働者・労組支援団体サイドは
何かと言うと"弾圧"と泣き叫んでいますね(失笑)


甘いですぞ。そんな身世打鈴は最早、通用しません。
(親北な水谷氏なら意味はお解りになるでしょうがW)


そもそも、私はカスゴミこと無自覚的「真理省」の
ニュー・スピーク式記事など信用しておりませんから( ´ー`)y-~~
韓国人と仕事して困った事
2018/10/12 20:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
ユニクロは世界に冠たる労働者弾圧企業 シジフォス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる