シジフォス

アクセスカウンタ

zoom RSS 秋篠宮、大嘗祭支出に疑義、「経済低迷」とも発言

<<   作成日時 : 2018/11/30 06:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

アンケートや面接などで「尊敬する人は?」とか「座右の銘は?」などと聞かれるという。そんなもの自分は全く無いし、興味も無い。もともと「強制される」ことが嫌いだし、ご大層な言葉にはウラが必ずあるし、誰でも内面は弱く、ご立派な方に会ったこともない。凄いオーラを感じた人は、美空ひばりさんのナマ歌と、後藤田正晴さんに取材した時だったが、その後藤田さんも「座右の銘」など無い旨語っている。人間という種は個では生きられない弱い存在で、集団を形成しなければ生き残れなかった。もっともその「集団」が暴走することによって悲惨な事態を起すのだが…。逆に「嫌いな言葉」なら山のようにあり、「滅私奉公」など最悪だ。「長いものには巻かれろ」「付和雷同」「朱に染まれば赤くなる」…いくらでも出てくる。もちろん「改ざん」「隠ぺい」「上意下達」などもこの日本という国の姿を表している。

60歳定年・年金支給が70歳まで延長されるという。もはや「死ぬまで働け」の時代になりつつある。怒りを通り越して呆れることばかり多いが、欺されているわけではなく、否応なく働かざるを得ないのが怖ろしい。高齢になって家族や地域もバックアップされなければ「個」は「孤」になってしまう。生きるためには働くしかない。その結果「滅私奉公」がまかり通り、ハラスメントが横行する。それでも週末にあたり、新たな気分で師走を迎えるために今朝は痛快(?…前向き)な記事を読んでおきたい。労働組合運動ではなかなか見えないのが残念だが、確実にあることを信じたい。なお朝日のネット版トップがこの秋篠宮発言だったのも驚いた。なお、さらに「バブルが崩壊し、経済が低迷し、失われた10年、20年と言われますが、そのバブルの頃とその後で、人々の生活のパターンが変わったと感じております」とも発言している(日経より)。

高裁、臨時職員の待遇差「違法」 産業医大に賠償命令(共同通信 2018/11/29)
https://this.kiji.is/440869134478574689?c=0
 産業医科大病院(北九州市)の事務として働いている臨時職員の女性(58)が、正規職員と給与に差があるのは労働契約法違反だとして、大学側に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、福岡高裁は29日「待遇の差は不合理で違法」と判断し、請求を退けた福岡地裁小倉支部判決を取り消し、大学側に約113万円の支払いを命じた。
 山之内紀行裁判長は「女性は30年以上勤務し、業務に習熟しているのに、同時期に採用された正規職員の基本給との間に約2倍の格差が生じている」と指摘。法改正によって非正規労働者との不合理な労働条件が禁じられた2013年4月以降、月額3万円を支払うよう命じた。

秋篠宮さま、大嘗祭支出に疑義「宮内庁、聞く耳持たず」(朝日新聞 2018/11/30)
https://digital.asahi.com/articles/ASLCQ44BQLCQUTIL01F.html?iref=comtop_8_01
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38317800Z21C18A1000000/
 秋篠宮さまが30日の53歳の誕生日を前に紀子さまと記者会見し、天皇の代替わりに伴う皇室行事「大嘗祭(だいじょうさい)」について、「宗教色が強いものを国費で賄うことが適当かどうか」と述べ、政府は公費を支出するべきではないとの考えを示した。この考えを宮内庁長官らに伝えたが「聞く耳を持たなかった」といい、「非常に残念なことだった」と述べた。
 記者会見は誕生日当日の30日に報道されることを前提に、22日に行われた。政府が決定した方針に、皇族が公の場で疑義を呈することは異例。秋篠宮さまは来年5月の代替わり後、皇位継承順位第1位で皇太子待遇の「皇嗣(こうし)」となる。
 大嘗祭は、新天皇が新穀を神々に供えて世の安寧や五穀豊穣(ごこくほうじょう)などを祈る儀式。1990(平成2)年に行われた前回の大嘗祭では、国から皇室の公的活動に支出される公費「宮廷費」約22億5千万円が使われ、「政教分離に反する」という批判は当時から根強くあった。政府は今回も、儀式に宗教的性格があると認めつつ、「極めて重要な伝統的皇位継承儀式で公的性格がある」として宮廷費を支出する方針を決めた。前回を踏襲して同規模の儀式を想定しているが、人件費や資材の高騰で費用が増す可能性もある。
 これに対し、秋篠宮さまは天皇家の「私費」にあたる「内廷会計」で賄うべきだと述べた。遺産や国から支出されている内廷費などだが、使途は天皇家の裁量で、通常の宮中祭祀(さいし)にも使われている。
 秋篠宮さまは「身の丈にあった儀式」にすることが本来の姿、とも述べた。前回の代替わりでも同様の意見を述べていたといい、今回も宮内庁の山本信一郎長官らに「かなり言った」というが、考えてもらえなかったという。
 山本長官は直後の会見で「聞く耳を持たなかったと言われるとつらいが、そのようにお受け止めになったのであれば申し訳ない」と話した。一方、天皇陛下からは即位関係の諸儀式などは皇太子さまとよく相談して進めるよう伝えられているといい、「ご理解を頂いて進めている」としている。
     ◇
〈大嘗祭〉新たに即位した天皇が1代に1度限り行う重要な儀式。稲作農業を中心とした古代社会の収穫儀礼に根ざしたもので、7世紀の天武天皇の大嘗祭が最初とされる。中核の「大嘗宮(だいじょうきゅう)の儀」では、新天皇がその年に収穫された米などを神々に供え、自身も食し、五穀豊穣(ほうじょう)や国家安寧を祈る。今回は来年11月14〜15日に予定。このために皇居・東御苑に大嘗宮(前回は建設費約14億円)が新設され、儀式後に解体・撤去される。

オランダ鉄道、ホロコースト生存者らに賠償へ(CNN 2018.11.29)
https://www.cnn.co.jp/world/35129402.html?ref=rss
<写真>ベステルボルク収容所のあった場所に1970年5月に設置されたモニュメント。2004年に撮影
 国営のオランダ鉄道は29日までに、第2次世界大戦中に同社の鉄道でナチス・ドイツの強制収容所に運ばれたホロコースト(ユダヤ人大量虐殺)の生存者や犠牲者の遺族に賠償金を支払う方針を明らかにした。
 特別委員会を設け、支払い方法などを検討する。オランダ放送協会は、オランダ鉄道は同国北東部にあったベステルボルク収容所経由でユダヤ人家族を強制収容所へ輸送することで多額の利益を得ていたと報道していた。ベステルボルク収容所は強制収容所への移送拠点となっていた。
 オランダ鉄道は2005年、戦時中の自らの行動について正式に謝罪し、多くのホロコースト追悼事業などに資金協力もした。ただ、個人単位での賠償には踏み切っていなかった。AFP通信によると、同社は報道発表文で「国家としてのオランダと我が社の歴史にとって暗黒の1ページであり、無視することの出来ない過去である」と述べた。
 今回の賠償方針の表明は82歳となったホロコースト生存者であるサロ・ムラーさんとの話し合いが契機になった。ムラーさんは昨年半ばから個人への賠償を求める闘いを開始していた。
<写真>サロ・ムラーさんは自らが5歳だった1941年、両親がベステルボルク収容所に入れられた。両親はその後アウシュビッツ強制収容所へ移され殺された/VI-Images via Getty Images
 同氏の公式サイトによると、自らが5歳だった1941年、両親はベステルボルク収容所に入れられた。この後、ポーランドのアウシュビッツ強制収容所へ移され、同所で殺されていた。
 母親はムラーさんを幼稚園へ送り届けた直後に連行されていた。ムラーさんは戦争が終わるまで潜伏生活を強いられていた。
 米国のホロコースト記念博物館によると、オランダ政府によるベステルボルク収容所の設置は1939年。オランダに不法入国したユダヤ人難民を拘束するためだった。収容者の多くはドイツから逃れていたユダヤ人難民だった。
 ナチスは1940年にオランダに侵攻。同収容所は1942〜44年、ナチス占領下にあったポーランドの強制収容所にオランダのユダヤ人を輸送するための通過施設ともなっていた。
 同ホロコースト記念博物館によると、1942年7月から44年9月3日までの間、ナチスはベステルボルク収容所からユダヤ人計9万7776人を移送。約5万5000人がアウシュビッツ強制収容所へ、3万4000人以上がソビボル強制収容所へ送られていた。これらユダヤ人の大半は両収容所に到着後、殺害されていた。
 ホロコースト被害者に対する鉄道企業による賠償金支払いには先例がある。フランス政府は2014年、強制収容所へ鉄道で運ばれたホロコースト生存者に6000万ドル支払うことで米当局と合意していた。
 この問題が解決するまで、フランス国鉄(SNCF)による米国内の鉄道関連事業への入札活動禁止などを求める米連邦議会議員を含む米国内での圧力の高まりが奏功していた。

内閣府に水メジャー関係者と批判 参院審議で社民・福島氏(共同通信 2018/11/29
https://this.kiji.is/440827989121811553
 参院厚生労働委員会で29日に開かれた水道法改正案の審議で、上下水道を扱い「水メジャー」と呼ばれるヴェオリア社と関係のある女性が、内閣府の「民間資金等活用事業推進室」に政策調査員として在籍しているとして、社民党の福島瑞穂氏が「利害関係者で立法事実の公平性がない」と批判した。
 内閣府によると、公募で選び、昨年4月から2年間の予定で採用。ヴェオリア社から出向した形を取っている。内閣府の石川卓弥推進室長は「一般的な海外動向調査に従事し、政策立案はしていない」と答弁し、利害関係者には当たらないとの認識を示した。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
相変わらず記事先頭と記事末が異なる化石左翼思考表現ですな( ´艸`)プププ


水谷氏は悪質ストーカー実行犯である「おーにっちゃんこと大西秀宜」に近付いているように見えるんですが、大丈夫ですか?(失笑)


ああそうだ。戦闘ゲームなどがお嫌いな水谷氏でも、
「ソビブル絶滅収容所集団脱走事件の映画」はご覧になれるのでは無いでしょうか?

これは実話の映画化ってとこですな。同収容所解体直前に移送されてきたユダヤ系ソ連兵の一団と、収容者達のリーダーが手を組んで一斉同時脱走を起こしたんですが。


それとも、(再現ではあるが)収容されていたユダヤ人達が集団で襲いかかり、
手製ハチェットで親衛隊員どもの頭をかち割ったり、
人道の敵の胸板や腹に手製ダガーをぶっ刺す事実を直視できないと?

武器規制の効果は限定的だと教えてもくれますね(藁)
「ないんだったら作れば良いのよ!(by涼宮ハルヒ)」ということですなぁ〜(^。^)y-゜゜゜
韓国人と仕事して困ったことまとめ
2018/11/30 12:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
秋篠宮、大嘗祭支出に疑義、「経済低迷」とも発言 シジフォス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる