アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
シジフォス
ブログ紹介
ギリシャ神話からとりました。いくら努力しても報われない努力ですが、その努力自体は清々しくあります。2009年5月で60歳定年を迎えた「労働運動活動家」の仕事を書いてみたいと思います。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
お願いだから判例表記を西暦にしてほしい
年明け早々の1/11に「2019年元日に新元号」との見出しを各紙一面トップで報じた。国会で何の審議もされていないのに、「政府関係者(?)の意向」で、まるで決定のように報じられた。しかもその後、この話題はほとんど報じられない。読売は「新天皇即位、新元号は事前公表 国民生活への影響を最小限に抑えるため」と書いたが、ネットでは「SEは2018大晦日に過労死」と大騒ぎだった。「昭和→平成」移行の時には、「元号廃止」も主張されたが、その気配は見えないことも不可解だ。天皇生前退位問題を含め、ここには民意も民... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/17 06:42
ベーシックインカムも検討すべきとの貧困に関するコラム
次の大統領が酷すぎるからか、退任するときのご祝儀なのか、オバマ大統領の退任演説が賞賛されている。しかし美辞麗句であれば誰でも言えるし、そんな言葉を発する指導者はまったく信用できない。責任ある者は「成果」を強調するのではなく、失敗や限界をこそきちんと総括して明示し、次へのステップを語るべきではないか。ノーベル平和賞受賞とは真逆に「戦争」や「紛争」はさらに広がり、多くの市民が命を奪われ、難民問題が発生している。そんな中、昨日の琉球新報の「社説」は出色だった。「沖縄の期待裏切った8年」との見出しで「2... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/16 06:34
沖縄タイムスの<連載「働く」を考える>に!!
リタイアした身でも不思議に多忙だが寒さは厳しく、懐はさらに寒い。動かなければ年金だけで過ごせるかもしれないが、そういう訳にはいかず、高齢者の「再活用」に悩む次第。今日は「労働情報」誌の原稿と学習会のレジュメに取りかかるために妄想と「学習」を封印。気に掛かった記事は多々あるが、どうしても残したい記事をとりあえず掲げる。同じ内容の記事を各紙が報じているが、もっと詳しく知りたい。世界の失業者数は初めて2億人の大台を超える可能性があり、ILOは「多くの地域で社会不安のリスクが高まっている」と警告している... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/15 06:35
「労働時間の上限規制」の内容も不明なのに…
アベやトランプのおかげで警鐘をならし告発すべきテーマは数知れず、されど労働組合的には密かに進む労基法改悪にこそ、最大限の力を発揮し、くい止めなければならない。「働き方改革」や電通問題などで長時間労働規制が進むように思われているかもしれないが、ホワイトカラー・エグゼンプション(高プロ法案)や裁量労働制の拡大を軸とする改悪準備は着々と進んでいる。「上限規制」も実施という体裁をとってだろうが、その歯止めの時間も提示されず(しかも一ヶ月の規制!)、さらには建設・運輸は当面除外する等「ザル法」化だともいう... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/14 07:07
三菱電機違法残業問題でも、労組のコメントが見えない
「アケオメ」が言いたくなくて旗開きの類いには参加しなくなったのかもしれない。今年の自分の参加は、ここ数年、「労働情報」として参加している昨日の「全労連・春闘共闘」のみ。そして痛恨極まりない井上久全労連事務局長の年末急逝もあってか、ほとんどの登壇者が哀悼の言葉からはじまり、「おめでとう」の言葉は少なかった。自分もその一報を聞いたときは驚かされたが、多くの活動家にとって、いつ自分の身にも訪れるかもしれないとの恐怖を感じる訃報でもあった。月刊全労連2月号には遺稿も載っているというが、改めて惜しい労働運... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/13 07:17
日本でも「移民」との共生で「時給1500円」を春闘で
昨日は今年最初の「労働情報」誌の「会議」だった。「春闘」について企画をしたい、と元連合総研のTさんが提案したが、若手(?)は難色を示した。私の周りの多くの労働者は、「春闘」とは無縁だし、興味も無い…とのこと。確かに事務所にもいくつかの「春闘特集」冊子があるが、どれも魅力がない。それは「官制春闘」の影響でもなく、多くの労働者の厳しい生活実態が「闘い」に反映されていないことにもある。経団連会長が、「政府の意向もあり賃上げに努力したが、景気回復に結びついていない」旨発言したが、「一部の恵まれた労働者」... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/01/12 06:41
原発事故から5年 なぜ福島で自死が急増…
1/9のNHKスペシャル「シリーズ東日本大震災 それでも、生きようとした〜原発事故から5年・福島からの報告」には慄然。冒頭から、ある元気いっぱいで画面に登場した若い農家の夫婦が一年後自死したと告げられた。 単純な自殺率ではなく、SMRという年齢構成などをならし他県と比較した福島県の自殺率が震災4年後から急上昇していることが紹介される。福島で心の問題を受けつける電話相談には1日平均150本の相談電話が寄せられ、その数は全国と比較すると3倍以上。相談内容は年を追うごとに緊急性の高いものが増え、一件当... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/11 06:33

続きを見る

トップへ

月別リンク

シジフォス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる