シジフォス

アクセスカウンタ

zoom RSS 国際自動車事件最高裁判決に、活動家は「関心」を。

<<   作成日時 : 2017/03/01 07:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

早いものでもう3月。「労働情報」の編集部で共に仕事をした元国労闘争団の溝口(岩崎)松男さんが急逝されたとの報で慄然としている。ガンが発見され進行しているとの連絡があって1月も経っていない。単身赴任での激闘だった国労闘争とその後始末をすべて終え、自ら「篤姫」と呼んていた連れ合いとの故郷での生活と様々な関心事、川内原発再稼働反対との闘いへの参加…これから新たな人生とのメールもきていたのに…。正直言うと自分も体調が完ぺきではなく、通院を検討している。したがって鹿児島での葬儀も遠慮し、冥福を祈るしかできなかった。建設的に運動を語れる仲間に次々に先を越される。何はともあれ、合掌−。

怒りと苛立ちにあふれる報道ばかりで…いや凄まじい。その中で、毎日一応チェックする連合HPには幻滅することが多い。今朝は昨日アップされた「サンデー毎日」連載の神津会長コラムに絶句。「多摩川のウンコおばさん」とのタイトルで、また犬の話が延々と綴られていた。連合の事務局スタッフは、この凄まじい事態の中、HPで発信することが他にないとでも思っているのか…と心の中で叫びたくなる(苦笑)。

気力が急激に衰えてしまったので、他の方も多くふれている国際自動車事件の最高裁判決について、頭に入れておきたい。朝日の澤路さんによる昨日の連続Twitter<本日午後3時、国際自動車事件の最高裁判決。差し戻し。判断はしなかったとのこと。「勝ちでも負けでもない」と弁護団>を拝借させていただく。感謝!

昨日の判決文には「当該定めに基づく割増賃金の支払が同条(労基37条)の定める割増賃金の支払といえるか否かは問題となり得るものの、当該定めが当然に同条の趣旨に反するものとして公序良俗に反し、無効であると解することはできないというべきである。」とある。ところがこれを日経は「歩合給から残業代を差し引く賃金規則は『有効』」という報道をした。弁護団の指宿昭一さんは、日経の報道を「間違った報道。判決は、賃金規則が有効とは判断していない。最高裁は、労基法37条に反するかどうかを、もう一度、審理せよと言っている。賃金規則が有効なら、未払い賃金はないことになり、請求棄却になるはずである」と厳しく批判している。

澤路さんも<判決のどこに、「国際自動車の賃金規則は『有効』」なんて書いてあるの? 「当該定めに基づく割増賃金の支払が同条の定める割増賃金の支払といえるか否かは問題となり得るものの、〜」と書いてあるでしょ。>と綴っている。

菅弁護士は、「日経がおかしな記事を書いているので、簡単な解説を書きました」とし、詳細な解説文をアップ。佐々木弁護士も<これは誤報だろうね。まったく理解できてないことを露呈して恥ずかしい記事。:歩合給から残業代差し引く賃金規則は「有効」 最高裁判決(日本経済新聞)>とツイート。岡口基一さんも<東京高裁は,労働訴訟をきちんと理解していないだろ・・>と大騒ぎになっている。

濱口桂一朗さんは、昨日のブログで「国際自動車事件最高裁逆転判決?」とし、「これから法律学者や弁護士がいっぱい論評すると思いますが、とりあえず、高裁のこの仕組み自体がおかしいという議論を否定し、その仕組みによって結果として支払われた金額が法律の最低限をクリアしているかどうかをよく調べろ、とつきかえしたということのようです」と論評している。
http://eulabourlaw.cocolog-nifty.com/blog/2017/03/post-ff99.html

さて、以下の菅弁護士のブログを含め自分もじっくりと判決文を読んでみたい。いや、気を紛らわしているわけではない、念のため。とにかく、後輩である現役スタッフには、働くものにかかわらあらゆる課題に関心をもち、議論し、意見をきちんと表明し発信してほしい…。

国際自動車事件 最高裁判決はドロー。東京高裁で「再戦」。(東京法律事務所ブログ 2017.2.28)
http://blog.livedoor.jp/tokyolaw/archives/1064631054.html
弁護士の菅俊治です。本日、国際自動車事件の最高裁判決が言い渡されました。
http://www.courts.go.jp/app/hanrei_jp/detail2?id=86544
 主任は指宿昭一弁護士・谷田和一郎弁護士ですが、同種事件を担当している関係で、最高裁の段階から、私も弁護団に参加しています(ほかに、東京法律事務所からは小部正治・江夏大樹。江東総合法律事務所の蒲田哲二、中村優介の各弁護士も一緒に参加しています)。
 バズフィードジャパンの渡辺一樹さんが、「引き分け、再戦だ」と報じていただいています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170228-00010010-bfj-soci
 ところで、日本経済新聞が、「歩合給から残業代を差し引く賃金規則は「有効」」という報道をしています。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG28H94_Y7A220C1CR8000/
 でも最高裁判決は賃金規則は「有効」とは書いていません。ですから判決の誤読、書きすぎです。
 最高裁判決は、当然に公序良俗に反して無効とは言えないとしたのみで、労働基準法37条に違反するかどうかについて原審で審理がされていないので、それを判断させるために高裁に差し戻したということです。
つまり、今日の判決はドローということです。

1 この事件の争点
 この事件は、歩合給の計算上、残業代相当額を控除する仕組みの違法性が問われた裁判です。
◎ふつうの残業代計算
 ふつうの歩合給における残業代計算とは、こんな感じです。
 話を分かり易くするために分かり易い数字におきかえますが、たとえば月間68万円を売り上げたとして、歩率50%を歩合給と定めていれば、その月の歩合給は34万円となります。
このとき、もし残業をした場合には、歩合給に対しても割増賃金を支払う必要があります。
 時間単価は、34万円÷170時間(月の所定時間)=2000(円/時) 残業時間が、20時間だったとすると、割増賃金の掛け率は25%なので、2000(円/時)×20時間×25%=1万円となります。
◎国際自動車事件の場合
 ところが、国際自動車における残業代計算は、まず、上記の歩率計算をして、68万円×50%=34万円という数字を出すところまでは同じなのですが、34万円(「対象額A」と名付ける)から、割増賃金額をそっくりそのまま控除した金額を歩合給と定めてしまいます。
 歩合給=34万円−割増賃金額
◎結局どうなるか?
 結局、残業時間が20時間だったときは、上記の「ふつうの残業代計算」では、歩合給34万円+残業代1万円となるのに、国際自動車の場合は、歩合給33万円+残業代1万円となってしまいます。
 もし、残業時間が40時間だったときは、上記の「ふつうの残業代計算」では、歩合給34万円+残業代2万円となるのに、国際自動車の場合は、歩合給32万円+残業代2万円となってしまいます。
 もし、残業時間が60時間だったときは、・・・ どこまで残業時間が増えても、国際自動車の場合は、残業代が増える分、歩合給が減ってしまいます。

2 原審東京高裁の判断
 原審の東京高裁平成27年7月16日判決は、このような賃金規定は、労働基準法37条の趣旨に照らして公序良俗に違反して無効だと判断しました。
 私もこの判断は正しい判断だと思います。このようなあからさまな労働基準法37条の脱法はないと思うからです。

3 本日の最高裁の判断
 さて、本日の最高裁はどのような判断をしたか? 最高裁が弁論を開くというのは、通常は原審の判断を覆すときなので、どのような覆し方をするのかやや不安な気持ちで言い渡しに臨みました。
(1)東京高裁への差し戻し
 まず、結論部分は、東京高裁が下した原判決を破棄して、東京高裁に差し戻しを命じました。
 東京高裁でもういちど審理をやり直すということで、これは予想の範囲内でした。
(2)37条違反の問題とはなり得るものの、当然に公序良俗に反するとはいえない
 つづいて、国際自動車のような賃金の規定の仕方の有効性について、「労働基準法37条は、労働契約における通常の労働時間の賃金をどのように定めるかについて特に規定をしていないことに鑑みると、労働契約において売上高等の一定割合に相当する金額から同条に定める割増賃金に相当する額を控除したものを通常の労働時間の賃金とする旨が定められていた場合に、当該定めに基づく割増賃金の支払が同条の定める割増賃金の支払といえるか否かは問題となり得るものの、当該定めが当然に同条の趣旨に反するものとして公序良俗に反し、無効であると解することはできない」と述べました。
 そして、原審は、本件規定のうち歩合給の計算に当たり対象額Aから割増金に相当する額を控除している部分が労働基準法37条の趣旨に反し、公序良俗に反し無効であると判断するのみで、本件賃金規則における賃金の定めにつき、通常の労働時間の賃金に当たる部分と同条の定める割増賃金に当たる部分とを判別することができるか否か、また、そのような判別をすることができる場合に、本件賃金規則に基づいて割増賃金として支払われた金額が労働基準法37条等に定められた方法により算定した割増賃金の額を下回らないか否かについて審理判断することなく、被上告人らの未払賃金の請求を一部認容すべきとしたものである。そうすると、原審の判断には、割増賃金に関する法令の解釈適用を誤った結果、上記の点について審理を尽くさなかった違法があるといわざるをえない、と述べました。
 つまり、労働基準法37条に違反しているかどうか、十分に審理判断されていないので、東京高裁に戻すとしたわけです。
 通常の賃金と割増賃金とを判別することができるか否か、判別できたとしてもそれが37条により支払うべきとされた金額を下回っていないかどうか、等について原判決がよく調べていないから、結論を出すために差し戻すということです。
 主任の指宿昭一弁護士は、最高裁判決を評して「われわれが勝ったとも、負けたとも言っていない。ドローだ。」
「われわれに対して、宿題を出したとも言える。」「東京高裁をしっかり準備して、最高裁からの宿題に応えて勝利しよう」と述べていました。
(3)「なお」として最高裁は、いわゆる法内残業に関しては、労基法37条違反にならないとしました。

4 これから
 ということで、舞台は東京高裁に移ります。
◎通常の賃金
 最高裁は、本件において通常の賃金と割増賃金とが明確に区別されているといえるかについて、原審では審理判断されていないとしました。
 通常の賃金と割増賃金とが明確に区別されているということの意味は、所定の労働時間に対して、一義的に(歩合の場合は一定の計算式で)賃金額が決まるということを含んでいるはずです。
 時間外労働をしたか否かで、通常の賃金の額が変動するならば、それは労働基準法37条が想定している「通常の賃金」とはいえない。通常賃金と割増賃金との境界が曖昧になっていると思います。
◎残業すればするほど賃金が下がる
 これは、ようするに残業をすればするほど、時間単価(通常の賃金)が減ってしまうと言い換えることができます。先の例ですと、「ふつうの残業代計算」では、歩合給は月間売上が決まると一義的に決まり、その場合の時間単価は、残業時間にかかわらず2000(円/時)で不変です。
 本来、このように賃金の計算期間の当初の段階で、通常賃金が確定できていないとおかしい。
 ところが、国際自動車では、時間単価が、売上以外の残業時間によっても変動してしまいます。
売上高68万に対する歩合給が、
残業時間ゼロ   34万円÷170時間=2000円
残業時間20時間 33万円÷170時間=1941円
残業時間40時間 32万円÷170時間=1882円
残業時間60時間 31万円÷170時間=1823円
・・・という具合です。
 しかし、歩合給は、売上高に対して、一義的に決まっていないと通常の賃金とはいえない。
残業時間によって変動するならば、それはもはや「通常賃金」とはいえず、割増賃金と明確に区分されているとは評価できない。そのように思います。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
国際自動車事件最高裁判決に、活動家は「関心」を。 シジフォス/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる