アクセスカウンタ

<<  2018年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
労組は「戦争で金儲け」を夢想してはならない
早いもので今日で1月が終わる。そして何ができたのか、悩む。もちろん現役ではないから、要請されたことに応えるのが基本だし、体調の関係で歩くのが厳しい。もし身体が万全であれば、もっと一参加者として動き回れる(財政的には不安だが)筈だし、何らかの貢献もしたい。もちろん、考える、学ぶという作業は持続させてはいるが、動くことに比べ受け身だし孤独だし「感動」(?)は少ない。ニュース等をチェックしても怒りと苛立ちを募らせるばかりで時が流れていく。もちろん「希望」はある。まだまだしぶとく頑張っている仲間や知己が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/31 06:24
年金70歳支給は「人生の長時間労働」と同じ悪らつさ
風邪気味で体調が悪いと、気力も落ちる。やらなければならない仕事(強制)が無ければ、自由で解放されるかというと、そんな経験がないと途方に暮れるというから日本の高齢者は始末に負えない。とはいえ再度の労働生活やボランティアも容易ではない。そして何をするにも費用がかかるが、年金だけでは身動きがとれず、孤立を強いられる。家族がいればまだ会話があるが、独居では孤立はさらに深まる。英国ではそんな<現代社会の「悲しい現実」に対処するために「孤独担当相」新設>さらたと1/17のAFPが伝えていた。はじめはエイプリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/30 06:33
「アスベスト資料センターの設置」は絶対に必要だ
歴史は好きだが「危険」であり、為政者の都合によって「真実」が歪められる。日本の「歴史」の多くは後世の為政者の意図によって改編・捏造されている。特に日本のような民主主義が未だに根付かず、民衆の力によって変革されたことが少ないトップダウン全盛の国では顕著だと思う。侵略戦争が全面的に敗北した直後、日本人のほとんどは二度とこのような「誤り」を繰り返してはならないと痛感したはずだが、体験者がいなくなるに比例して痛みは風化し、憲法でさえねじ曲げされようとしている。よく会う地域の高齢者が哀しそうな顔をしていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/28 06:41
トヨタの半分以下の年収で働く介護労働者って
今朝のネットニュースのトップに「トヨタ労組、春闘でボーナス6.6カ月分を要求へ」(朝日)との記事が置かれている。春闘時期に既成労組・産別は「要求」を決定するが、この決定過程が最も重要とされる。団体交渉を行うに際しても、労使協議会で落としどころを決めるにしても、組合員がどこまで「要求」決定に「信頼」しているのかが問われる。「セオリー」(?)ではアンケートをとり、職場委員会で議論し、「要求」に全組合員が確信をもつこと、とされるがかつてのような共通の賃金体系が少なくなり、一緒に働く仲間の賃金がいくらな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/26 06:32
民営化で労災不支給 救済へ 反省も謝罪も無い国
風邪気味だが日課なので早朝(未明)にPCを立ち上げSNSを約1時間チェックするが、心が躍らない。昨日も大先輩である鎌倉孝夫さんらと会議・懇親したが、ここまで酷い国にしてしまった思いばかりがつのる。個人的に五輪は嫌いだが平和に道を開くのであれば成功を祈念するのが当然なのに、日本のメディアは統一代表団にもケチをつけ、次の開催の東京都知事も役割が無いから不参加するという。他者を落し込める記事や暴言ばかりが跳梁跋扈し、そこには人間の尊厳を尊重する姿勢がまったく無い。もちろん世界では労働組合をはじめ元気な... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/25 06:29
戦争被害は国民に補償しないという「法理」とは
東京大雪や草津白根の噴火でかき消されているが、沖縄で起きている異様な事態はもっと焦点化し、きちんと強く米国に抗議すべきだ。宗主国に逆らえないポチの立場であり、そして朝鮮脅威を煽りさらなる軍事大国化を図る為政者に対して声が少なすぎる。そして連合も抗議声明を出したならば、行動を起すべきだ。平和フォーラムなど市民団体(?)で構成する東アジア市民連帯は、常に共同行動を模索し、米国大使館にもおもむく。昨晩も沖縄渡名喜島のヘリポートに米軍の攻撃ヘリ「AH1Z」が今月三度目の不時着をした。またも普天間所属であ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/24 05:58
やはり外国人技能実習制度は廃止すべき
一面銀世界だが、これに対応する労働者にはこの上ない苦痛の労働が待ち受けている。ライフライン関係をはじめ、スーパーなどで駐車場がある場合は総出で雪かきを強いられる。夜明け前から出勤する方に適切な労働協約が必要なのだが、会社・お客様第一の緊急対応とされる。大災害同様に臨時休業があって然るべきだし、労組はそれぐらいの主張をすべきだが、当然のように「仕事」優先とされ、事故も相次ぐ。さらには路上で暮らす方々には適切な対応があったのだろうか、一人暮らしの高齢者や寒さに慣れない外国人労働者は…と思ってしまう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 06:18
最新技術で常に見張られる労働者…労組の対応は
厳寒の早朝、PCを開いても沖縄の南城市長選でオール沖縄の瑞慶覧氏が当選したこと以外心安まる(?)記事がない。しかも現職に65票差であり、投票率は66.92%で前回7.55ポイント下がったという。米国ではトランプ抗議の100万人デモが行われ、多くの人々が声を上げているのに、日本では声が出てこない。逆に声を上げれば徹底的に叩かれるので怖くてすくんでいるし。しかも、そのお先棒を労働組合がかつぎ、封殺しているケースがある。今朝のニュースで驚かされたのは産経が報じた「契約社員が日本郵便提訴 セクハラ・パワ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/22 05:59
画期的な高江の過剰警備違法判決 争議でも同様だ
連合が1/19の事務局長談話で「在日米軍ヘリの小学校上空飛行に強く抗議する」とHPに掲げた。<相次ぐ事故・トラブルに対し、連合は再三再四、原因究明・再発防止の徹底と、安全確認が確実に行われるまで全ての訓練を中止するよう求めてきた。改めて、米国政府に対する日本政府の姿勢が問われている。連合は日本政府に対し、米軍基地周辺住民の安心・安全を第一に、毅然とした態度で米国政府に対峙するよう強く要請する。連合は引き続き、「在日米軍基地の整理・縮小」および「日米地位協定の抜本的な見直し」の実現に向けて、連合と... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/21 06:20
都立病院の独法化・職員7千人を非公務員化 に反対!
60歳で退職した理由の一つに「自由な時間」が欲しかったことがある。拘束されていた訳では無いが、義務や責任が山積し、精神的にも身動きが取れない自己を解放させたかった。もちろん「解放」などあり得ないわけだが、働くということは実に重たい。もっとも365日24時間、活動に没頭していた自分が異常なのだが…。自由を得て、テレビドラマも労働基準監督官を描いたダンダリンに触発され見始めた。テレビドラマの舞台として選ばれるのが一に警察、二に病院で、様々な人物が登場しやすく、事件も起きるからだが、ドラマ進行... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 06:15
ワンオペと「技能実習制度」はあってはならない
諸事情はないが、たまに無性に牛丼が食べたくなり地元のファストフード店M屋に入る。基本的に無機質で寒々としたファストフードは嫌いで、しかもブラックのレッテルが貼られた店は行かないので機会が減っている。そしてこの店も二度と行かないだろう。これまで複数の店員が居たが、今回はワンオペだった。人手不足でそうなってしまったのだろうが、仕事のきつさが歴然としており食事する気にならない。基本的に労働はワンオペであってはならない…と思う。トラブル対応ができないし、トイレにもいけない。協力・相談し合いながら仕事はや... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/17 06:34
労組は「温泉場での宴会」をいつまで続ける気か
苛立ちと怒りと反省の日々が続く。「労働情報」誌の編集が始まり、寄せられる原稿を見ても高揚感のある内容は少なく、この国の異様さを痛感する。もちろん労働の側面だけではないが、本田由紀さんが昨日のTwitterで<働く女性「活躍進んだ」2割 本社調査、管理職は3割:日本経済新聞 …「男性中心の組織風土や、育児との両立の難しさが課題だと感じる人が多い。企業は女性社員の育成・登用に力を入れるが、女性が力を発揮しやすい環境整備は道半ばだ。」 >と嘆いた記事。またOECD東京センターがやはり昨日のTwitte... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/16 06:27
独法では5年働いても 無期転換9400人無いに労組は
もっと詳しく調べれば他の資料もあるのだろうが、1/12の「赤旗」の「独立行政法人 5年働いても 無期転換9400人ない恐れ」の記事には驚いた。労契法無期転換ルールが4月から始まる前に田村智子参院議員の調査に各府省が提出した資料によるものだという。独法大手の理化学研究所が有期契約の職員を最長5年で雇い止めにする規則を設けていることに関しては都労委に対し昨年12月に申立し、そこにも田村議員が関わっていたのでその延長戦の調査と思われる。しかし、業界的には連合・政労連なり全労連・特殊法人労連という組織が... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/15 06:39
米騒動から100年…そんな行動の年に。
早朝起床してのSNSチェックは休日ということでブログを書かない日でも欠かさない(宿酔いの日を除く)。それだけチェックする方やメディアが増えてしまったからだが、その「刺激」は大事で嬉しい。この歳になっても、知らないこと、初めて知ることは多々あり、残念だが新聞や本、テレビより簡単にその刺激が味わえる。テレビなどでドキュメントを期待して見ても時間の無駄だと苛立つことがある。だんだん残された時間が少なくなってくると、貴重な時間使用になるのかもしれない。したがって、今朝はそんな「初めて知った」ことを忘れな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/14 06:21
「怨念」を超え、「分断」から「統一」へ
今日は全労連と全労協の旗開き同日開催だが、全労連には全労協の中岡事務局長が例年通り出席し挨拶するという。良かったが、それなら全労協の側でもきちんと全労連に冒頭来賓挨拶してもらうべきだ…と思う。現役を離れて久しいが、来賓挨拶は悩みの種になる(参加者にはどうでもいいが)。来賓挨拶がどのような組織代表かで、その組織の「色」が明白になるからだ。今回、連合は賀詞交で政党挨拶を初めて行わなかったが、連合東京は民進党都連の都議(組織内議員)にさせた。なお、いずれも鏡開きには参加政党全代表に登壇させたのだろう。... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 06:37
連帯労組への集中攻撃を看過してはならない 反撃を!
昨日自宅に建設運輸連帯中央本部からA4版の封書が届いた。通常の機関紙かと思ったら、レイバーネットでも紹介されていた<「週刊文春」の誹謗中傷記事についてのご報告>であり、資料として、初めてその文春記事を読んで、酷さに絶句した。組合からの文書には「昨年12月12〜18日、関西でセメント・生コン輸送の運賃引き上げを要求するストライキを車両1500台規模で決行し、大きな成果を上げました。しかし、このたたかいに対する厳しい巻き返しが業界の一部からはじまっており、これと連動する警察の動きが顕著です。1980... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 06:28
立憲民主党は名護市長選で稲嶺進さんの推薦を
発表された立憲民主党の基本政策で「公務員の労働基本権を回復し、労働条件を交渉で決める仕組みを構築するとともに、職員団体などとの協議・合意を前提として、人件費削減を目指します」との文章に多くの批判が寄せられている。これは単なる「公務員バッシング」ではないとは思うが、やはり…? アベ政権は本音では削減したいのだが、官僚を取り込むために人勧実施を行っている(民主党の轍を踏まない)が、その一方では非正規公務員の拡大やアウトソーシングで、公務職場はボロボロになっている。経団連に3%賃上げを要請したとの報道... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/09 06:17
元気いっぱいのバスユニオンTwitterが嬉しい
スマホを持っていないのでTwitterというのは理解できない。ただかつて学習会後に飲み屋で懇談していたら、ある活動家が話しに加わらず黙々とスマホで打ち続けていた姿に困惑した記憶はある。翌日チェックしたら学習会とその後の懇談の模様が彼のTwitterにアップされていたが、下手すると脳裏に刻み込んだり、学習するという機能が「後退」するのではないか…との不安が起きる。検索や計算、外国語の翻訳や会話まで何でもやってくれる器械に依存し続けると、その器械に支配され、スマホなしでは居られない存在になってしまう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/08 07:14
アケオメと笑顔で言える感性が理解できない
現役時代、連合本部の新年交歓会には出席したことが無い。政治家が票ほしさに顔を出す姿は地方連合でも同様で、組織にすり寄りたい者が積極的に顔を出す…何のための会なのか…と思っていた。これは産別でも同様だし、遅くなればなるほどアケオメの言葉にシラける。旧総評系は「旗開き」、旧同盟は「新年賀詞交換会」、地方連合など統一した組織は「新春のつどい」で未だに呼び方は統一されていないが内容は同じ。昼日中からの飲み食いで大量にあまる食事に辟易した。今年は大企業労働者のかなりが1/8まで正月休みで、電車も空いていた... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/07 06:38
ソニーの再雇用賃金のあまりの低さに驚いた。
今年最初の労働講座講師の依頼テーマが「労働組合役員が元気になる話」で…悩んでいる。世界はともかく、日本では受け身(対処)ばかりで、前向きの変革対応が実に少ない。社会全体が劣化し、アリ地獄化しているとはいえ、「集団的労使関係」へのカンフル剤が見当たらない。官制春闘が話題になるが、その「春闘」という枠組みに入らない、入れない労働者・労働組合が圧倒的多数になっている。集団交渉がほとんどなくなり、産別自決春闘になって数十年…今年だって雇用優先がすでに呼号されている。アベ暴走に対峙して5年間、この間、個人... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/05 06:09
石綿被害は拡大の一途なのに労組の取り組みは弱い
今日から仕事始めの方は多いはずだが、一部には8日まで休みの方もいる。さらには正規の代替で休みなしで働く非正規の方々も…。当然のように労働関係の話題は少ないし、労組の新年挨拶も全港湾や関生のような元気あふれるものはほとんどなく、形式的なレベルに留まっている。一体正月とは何なのか悩むところだ。自分の家から3分の場所にありほぼ恒常的に利用するスーパーは三が日は休みで正社員比率7割だが、労働組合はなくブラック要素は高いとも言われる。基本的に不当労働行為を認定された企業には行かないことにしているが、おかげ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/04 06:03
辟易する駅伝の宣伝利用と反東京五輪宣言
観るべき番組もなく、多くは正月は駅伝とばかりにチャンネルをまわすが、その宣伝過剰に辟易する。企業は福利厚生やスポーツ振興のために陸上部をつくるわけではなく、宣伝効果のために駅伝に取り組み、体育系社員(経験者)を採用する。「成果」が上がらなければすぐ廃部だし、役に立たない社員ははじき出される。かつて日立武蔵は女子バレーで有名だったが、費用対効果で安上がりなソフトボールに乗り換えられ、バレー部は廃部となった(と組合役員から聞いた)。大学だって同様で、少子化の影響による学生不足突破のために宣伝効果とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/03 06:38
今こそ職場討議が必要なのだが…消滅しつつある
当然ながら良いニュースはほとんどない新年。結局、アケオメの言葉を発していない。賀状が着実に減っているのは有難いが、それでも最盛時700枚余の三分の一もあり、これも悩む。年に数回、家族10人が集まるが、正月だけは昼から盛大に呑み食べる。今年から長女のアパートに場所を移した。我が家の茶の間は8畳で狭くなり、老朽化しているのと、自分には座るより椅子の方良いと配慮してくれた。とはいえ、どうしても「家族団欒」になじめず、自分だけ老犬の餌やりを口実に早めに帰宅した。現役時代、ほとんど家におらず、年数回しか家... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/02 06:30

<<  2018年1月のブログ記事  >> 

トップへ

シジフォス 2018年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる